CREATIVE DIRECTOR

SPREAD

SPREAD

100Qでの回答に対する

Thank you!

2

小林弘和と山田春奈によるクリエイティブ・ユニット。環境・生物・物・時間・歴史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れ「SPREAD=広げる」を生み出す。2017年には「国立新美術館開館」10周年記念ビジュアルのデザインを手掛ける。主な仕事に、工場見学イベント「燕三条 工場の祭典」、空間デザインツール「HARU stuck-on design;」、CDジャケット「相対性理論/正しい相対性理論 」、ストールブランド「ITO」、「萩原精肉店」VI など。2004年より、生活の記録をストライプ模様で表す「Life Stripe」を発表して注目を集め、スパイラルガーデン(東京、2012年)、ミラノフオリサローネ(イタリア、2012年~)、 Rappaz Museum(スイス、2014年)、茨城県北芸術祭(日本、2016年)などで個展を開催。

受賞歴

  • D&AD賞/red dot design賞/iF design賞/ドイツデザイン賞/Pentawards/アジアデザイン賞/グッドデザイン賞/日本パッケージデザイン大賞/ほか

手がけたMORE THAN PROJCT

100Qでの回答に対する

Thank you!

2

OTHER WORKS

MORE THAN PROJECT以外の担当プロジェクト

SPREADさんの仕事

Life Stripe

一日の行動を21色のカラーに置き換え、さまざまな一日を、文字でも写真でもなく、色彩のパターンで表現するアートワーク。 2011年トラウマリス(東京)、2012年スパイラルガーデン(東京)、2012年~2014年 ミラノフオリサローネ(イタリア)、2014年 RappazMuseum(スイス)、2015年 在スイス日本国大使館(スイス)、2016年 茨城県北芸術祭(日本)にて個展を開催。

写真:神宮巨樹(Ooki Jingu)

国立新美術館開館10周年記念ビジュアル

国立新美術館の10周年を記念し、ポスターを始めとするアイテムに記念ビジュアルを展開。コンセプトは「10のグラデーション」。10段階の色が重なり濃度を増していくさまは10年間の凝縮でもあり、これからの10年の象徴でもある。四角い日の丸のようなシンプルなグラデーションは、来場者をおおらかに迎え入れ、積み重なる層は想像力と創造力を呼び覚まし、館内外に展開して場をつくる。ポスターは「未来の10色」を掲げ、「創造」「光」「経験」「希望」「魅惑」「愛」「飛翔」「挑戦」「謎」「ヒューマニティー」をテーマとした10色展開。2017年の1年を通して彩る。

写真:神宮巨樹(Ooki Jingu)

COLUMN
& REPORT

SPREADさんに関連する
コラム&レポート