Q105

事業者が市場調査をする時に必要なパートナーはどんな人(会社)だと思いますか?

2 answers

A1

回答日
 2017.04.05

その事業者さんの商品が好きであることが、もっとも望ましい条件です。

その事業者さんの商品が好きであることが、もっとも望ましい条件です。しかし、まだ認知度が低かったり、新たな商品だったりした場合は難しいでしょうから、「真剣度の高さ」を持っている人や会社を選ぶのがベターです。

また、市場調査で重視しなければならないのは、消費者の目線。それを持っているかどうかが、市場調査のパートナー選びのポイントになります。確かに、業務として淡々とこなしてくれる会社はいくらでもありますし、それなりに整ったレポートを出してくれるでしょう。しかし、それこそアルバイトであったとしても、真摯に「この商品を売るにはどうしたらいいか」を考え、労力をかけていろいろ調べてくれる人のほうが、実のある調査結果を出してくれますし、視察するべきポイントを絞り込むヒントも得られると思います。

その事業者さんの商品が好きであることが、もっとも望ましい条件です。しかし、まだ認知度が低かったり、新たな商品だったりした場合は難しいでしょうから、「真剣度の高さ」を持っている人や会社を選ぶのがベターです。

また、市場調査で重視しなければならないのは、消費者の目線。それを持っているかどうかが、市場調査のパートナー選びのポイントになります。確かに、業務として淡々とこなしてくれる会社はいくらでもありますし、それなりに整ったレポートを出してくれるでしょう。しかし、それこそアルバイトであったとしても、真摯に「この商品を売るにはどうしたらいいか」を考え、労力をかけていろいろ調べてくれる人のほうが、実のある調査結果を出してくれますし、視察するべきポイントを絞り込むヒントも得られると思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

青木千映

COORDINATOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.04.17

デザイン情報に強いクリエイターやライターとともに現地を実際に回るのがおすすめです。

すでに売りたいモノが決まっている場合は、市場調査に時間をかけるよりも、現地のショップと組んでテストマーケティングをしたほうが早いです。

逆に、何を売るかも決まっていない状態ならば、デザイン情報に強いクリエイターやライターとともに現地を実際に回るのがおすすめです。いろいろなショップを見たり、建築物や美術館を見たり、食事をしたりして肌感覚を研ぎ澄ますことで、アイデアが湧いてくると思います。効率的に歩き回ることを考えれば、現地に住んでいる人がベターですが、アイデアを生み出すことに重きを置くならば、自分たちで町歩きをするのもいいと思います。

すでに売りたいモノが決まっている場合は、市場調査に時間をかけるよりも、現地のショップと組んでテストマーケティングをしたほうが早いです。

逆に、何を売るかも決まっていない状態ならば、デザイン情報に強いクリエイターやライターとともに現地を実際に回るのがおすすめです。いろいろなショップを見たり、建築物や美術館を見たり、食事をしたりして肌感覚を研ぎ澄ますことで、アイデアが湧いてくると思います。効率的に歩き回ることを考えれば、現地に住んでいる人がベターですが、アイデアを生み出すことに重きを置くならば、自分たちで町歩きをするのもいいと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

柴田裕介

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら