Q122

コスパのいいプロモーションってどんなものが有りますか?

1 answers

A1

回答日
 2017.04.17

多少予算を使えるのであれば、ポップアップイベントを仕掛けることをおすすめします。

短期的な費用対効果を考えれば、SNSの広告を活用するのが主流かと思います。ただし、やみくもに発信しても意味はなく、やはり全体的な企画のコンセプトや戦略が大切です。弊社が主催したシンガポールでの展示イベントでは、あえて現地在住の日本人ではなく、ローカル向けの発信を強化したことが成功につながりました。

多少予算を使えるのであれば、ポップアップイベントを仕掛けることをおすすめします。今ならば、体験型のイベントは世界的に人気ですし、ブランドの認知度アップにも繋がるでしょう。もちろん、場所はしっかり選ばなければなりません。

例えば、東京といっても青山、中野、銀座と、場所によってイメージが変わるように、海外でも場所が持つ個性のようなものがあります。例えば、弊社が主催した展示イベントは、シンガポールのデザインの中心地であるナショナルデザインセンターの近辺で開催しました。そこでやるだけで、「デザインやアートに関係した何か」だと理解してもらうことができるわけです。ターゲットが関心を持つ場所と期間を絞り込むだけで、効率の良いプロモーションに繋がります。

短期的な費用対効果を考えれば、SNSの広告を活用するのが主流かと思います。ただし、やみくもに発信しても意味はなく、やはり全体的な企画のコンセプトや戦略が大切です。弊社が主催したシンガポールでの展示イベントでは、あえて現地在住の日本人ではなく、ローカル向けの発信を強化したことが成功につながりました。

多少予算を使えるのであれば、ポップアップイベントを仕掛けることをおすすめします。今ならば、体験型のイベントは世界的に人気ですし、ブランドの認知度アップにも繋がるでしょう。もちろん、場所はしっかり選ばなければなりません。

例えば、東京といっても青山、中野、銀座と、場所によってイメージが変わるように、海外でも場所が持つ個性のようなものがあります。例えば、弊社が主催した展示イベントは、シンガポールのデザインの中心地であるナショナルデザインセンターの近辺で開催しました。そこでやるだけで、「デザインやアートに関係した何か」だと理解してもらうことができるわけです。ターゲットが関心を持つ場所と期間を絞り込むだけで、効率の良いプロモーションに繋がります。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

柴田裕介

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら