Q47

ディストリビューターと契約するうえでの注意点は何?

2 answers

A1

回答日
 2017.03.17

契約書にはしっかり主張を盛り込む

簡単に言うと“不平等条約”を結ばなければいいんです。ディストリビューターと契約した際に一番困るのは、結果的に売れなかった場合、その原因の元であるディストリビューターが存在していることで、すべてが止まってしまう可能性があること。そんな時のためにも、契約書にはしっかり主張を盛り込む必要があります。例えば、契約期間を明記する、自動更新についても実際に問題が起こってしまった時でも対応できるような内容にしておくこと。契約期間中、何も解決できなくなる状態は一番避けたい

簡単に言うと“不平等条約”を結ばなければいいんです。ディストリビューターと契約した際に一番困るのは、結果的に売れなかった場合、その原因の元であるディストリビューターが存在していることで、すべてが止まってしまう可能性があること。そんな時のためにも、契約書にはしっかり主張を盛り込む必要があります。例えば、契約期間を明記する、自動更新についても実際に問題が起こってしまった時でも対応できるような内容にしておくこと。契約期間中、何も解決できなくなる状態は一番避けたい

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

山田遊

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.24

エージェントと契約することをおすすめします

モノづくりを行っているメーカーは、交渉事に慣れていないため、不利な契約を結んでしまうことがあります。少なくとも、何を目的に海外進出をしているかを明確にした上で、交渉に臨ぶべきです。もちろん、通訳を介して交渉するべきですが、ついそのまま通訳にビジネスのフォローアップを依頼しがちなので注意してください。通訳はビジネスのプロではありませんので、過度な期待は禁物です。

なお、バイヤーやディストリビューターはフォローアップをしてくれるわけではありませんので、現地でのビジネスを継続させるという観点で考えれば、エージェントと契約することをおすすめします。エージェントは、自分が扱っている商品に関連する分野に強い人を選びましょう。例えば、食器ならテーブルウェアを扱っているエージェントを選べば、一緒に売ってくれる可能性が高まるというわけです。また、そのエージェントがどこに口座を持っているかもチェックポイントです。海外の百貨店で売りたければ、そこに口座を持っているエージェントでないと話にならないわけですから。もちろん、エージェントがどのようなネットワークを持っているかによって、ビジネスの可能性が大きく広がることは言うまでもありません。

モノづくりを行っているメーカーは、交渉事に慣れていないため、不利な契約を結んでしまうことがあります。少なくとも、何を目的に海外進出をしているかを明確にした上で、交渉に臨ぶべきです。もちろん、通訳を介して交渉するべきですが、ついそのまま通訳にビジネスのフォローアップを依頼しがちなので注意してください。通訳はビジネスのプロではありませんので、過度な期待は禁物です。

なお、バイヤーやディストリビューターはフォローアップをしてくれるわけではありませんので、現地でのビジネスを継続させるという観点で考えれば、エージェントと契約することをおすすめします。エージェントは、自分が扱っている商品に関連する分野に強い人を選びましょう。例えば、食器ならテーブルウェアを扱っているエージェントを選べば、一緒に売ってくれる可能性が高まるというわけです。また、そのエージェントがどこに口座を持っているかもチェックポイントです。海外の百貨店で売りたければ、そこに口座を持っているエージェントでないと話にならないわけですから。もちろん、エージェントがどのようなネットワークを持っているかによって、ビジネスの可能性が大きく広がることは言うまでもありません。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

浜野京

ADVISOR

このAnswerが役に立ったら