Q55

値付けの方法や注意点は?

3 answers

A1

戦略性を持った価格設定が大切

ラグジュアリーなブランドなのか、ボリュームゾーンのものかによってもまったく違いますが、リサーチを行い現地の価格帯を理解しておくことは重要です。日本製のものはどうしても高くなってしまうので、その商品が海外にないもので、高くても流通できるという戦略性を持った価格設定が大切になります。また、関税や輸送費、エージェントフィーなど商品の価値に関係のない費用を上乗せした時に、想定外の価格になってしまうということであれば、それは海外展開に不向きな商品ということで、国内マーケットに集中したほうがいいという場合もありますね。その辺りは自社でしっかりとリサーチする要があります。

ラグジュアリーなブランドなのか、ボリュームゾーンのものかによってもまったく違いますが、リサーチを行い現地の価格帯を理解しておくことは重要です。日本製のものはどうしても高くなってしまうので、その商品が海外にないもので、高くても流通できるという戦略性を持った価格設定が大切になります。また、関税や輸送費、エージェントフィーなど商品の価値に関係のない費用を上乗せした時に、想定外の価格になってしまうということであれば、それは海外展開に不向きな商品ということで、国内マーケットに集中したほうがいいという場合もありますね。その辺りは自社でしっかりとリサーチする要があります。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

鶴本晶子 

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

想定販売価格に対してマージンを含んだ上で考える必要がある

ターゲットバイヤーをどこに設定するかですが、想定販売価格に対して、ディストリビューター向けは25%、リテイラー向けは40~最大50%まで、販売エージェント(営業代行)を起用するなら、さらに15%程度のマージンを含んだ上で考える必要があります。

ターゲットバイヤーをどこに設定するかですが、想定販売価格に対して、ディストリビューター向けは25%、リテイラー向けは40~最大50%まで、販売エージェント(営業代行)を起用するなら、さらに15%程度のマージンを含んだ上で考える必要があります。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

西堀耕太郎

ARTIST

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.03.29

ステークホルダーが適正な利益を得られる、かつ市場に対して適正である価格

ビジネスに絡むステークホルダーがそれぞれに適正な利益を得られること、その上で現地での販売価格が市場に対して適正であること、それが値付けの基本だと思います。基本的な考え方は海外でも日本でも変わりません。

ビジネスに絡むステークホルダーがそれぞれに適正な利益を得られること、その上で現地での販売価格が市場に対して適正であること、それが値付けの基本だと思います。基本的な考え方は海外でも日本でも変わりません。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

大谷啓介

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら