Q61

プロジェクトをなかだるみせずに進めるコツとは?

3 answers

A1

回答日
 2017.03.17

マンネリ化しようが継続することが成果の結果

長期で関わるプロジェクトになると、展示会の前後にはチームで集まって、目標を立てたり、反省会を開いたりしていますが、やはりマンネリ化はします。同じチームで距離が縮まると、仲は深まるけどその分些細なことで仲違いもしやすくなるもの。はじめのうちは調子のいい話をしていたけど、そのうち話についてこられなくなる人や、逆にはじめはなかなか理解を示さなかった人が、そのうち一番の理解者になっていたり。そういったことはよくあります。要は、マンネリ化しようが継続することが成果の結果であって、それが一番大切なことだと思います。

長期で関わるプロジェクトになると、展示会の前後にはチームで集まって、目標を立てたり、反省会を開いたりしていますが、やはりマンネリ化はします。同じチームで距離が縮まると、仲は深まるけどその分些細なことで仲違いもしやすくなるもの。はじめのうちは調子のいい話をしていたけど、そのうち話についてこられなくなる人や、逆にはじめはなかなか理解を示さなかった人が、そのうち一番の理解者になっていたり。そういったことはよくあります。要は、マンネリ化しようが継続することが成果の結果であって、それが一番大切なことだと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

小林新也

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.04.20

なかだるみなんてしている暇などありません

一度プロジェクトとして走り出すと、やるべきことがたくさん出てきます。必要な事項を年間スケジュールを立てて実施します。例えば、コンセプト商品が出来上がると、商品名、類似意匠がないかを確認し、商品パンフレット、展開する商品パターン、付属商品、価格の見直しなどを何度も行います。

また、ターゲット国の設定、サイズ感や現地の方の好み色のリサーチ、サンプルの見せ方、梱包、パッケージ、価格リストの作成、北米やヨーロッパ、アジア圏の展示会分析、ディストリビューター探し。

その他、webサイトの英語表記、お問い合わせ方法、窓口担当者の準備、ブランディング、国内PR 、販促イベントに関する年間の予算組みなど、 やるべきをしていれば中だるみなんてしている暇などありません。

一度プロジェクトとして走り出すと、やるべきことがたくさん出てきます。必要な事項を年間スケジュールを立てて実施します。例えば、コンセプト商品が出来上がると、商品名、類似意匠がないかを確認し、商品パンフレット、展開する商品パターン、付属商品、価格の見直しなどを何度も行います。

また、ターゲット国の設定、サイズ感や現地の方の好み色のリサーチ、サンプルの見せ方、梱包、パッケージ、価格リストの作成、北米やヨーロッパ、アジア圏の展示会分析、ディストリビューター探し。

その他、webサイトの英語表記、お問い合わせ方法、窓口担当者の準備、ブランディング、国内PR 、販促イベントに関する年間の予算組みなど、 やるべきをしていれば中だるみなんてしている暇などありません。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

山下順三

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.11.01

繁忙期にストップしないよう、必要なノウハウをパートナーと共有する

目標をしっかり設定していれば、なかだるみすることは決してありません。ただし、繁忙期でやむなくプロジェクトがストップしてしまうことはあります。クライアントに何度も質問を投げかけたのに答えが得られず、お客様を怒らせてしまったこともありました。

そこで今では、クライアントに確認しなくても答えられるよう、必要なノウハウを事前にできるだけ教えてもらうようにしています。外部パートナーを上手に活用するために、可能な範囲で情報を開示しておくことが、プロジェクトの進行をなかだるみさせないコツではないでしょうか。

目標をしっかり設定していれば、なかだるみすることは決してありません。ただし、繁忙期でやむなくプロジェクトがストップしてしまうことはあります。クライアントに何度も質問を投げかけたのに答えが得られず、お客様を怒らせてしまったこともありました。

そこで今では、クライアントに確認しなくても答えられるよう、必要なノウハウを事前にできるだけ教えてもらうようにしています。外部パートナーを上手に活用するために、可能な範囲で情報を開示しておくことが、プロジェクトの進行をなかだるみさせないコツではないでしょうか。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

市川由紀

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら