Q2

デザイナーにはどの段階から相談するのがベター?

3 answers

A1

回答日
 2017.03.17

コンセプトを作るスタート地点から一緒に取り組んだ方がいい

デザイナーも根っこから理解していた方がより良い作品を生み出すことができます。だから、できるだけコンセプトを作るスタート地点から一緒に取り組んだ方がいい、と私は思っています。ただ、人によって得意なタイプも違うので、まずはその人の得意とする力を見極めるのが肝心。プロジェクトを全体的に俯瞰する力を持った人なら、スタート地点から入ってもらう。スタイリングが得意なら、コンセプトがしっかり固まった段階で入ってもらうなど、その人の得意に応じて、どの段階から入ってもらうか決めるのが良いと思います。

デザイナーも根っこから理解していた方がより良い作品を生み出すことができます。だから、できるだけコンセプトを作るスタート地点から一緒に取り組んだ方がいい、と私は思っています。ただ、人によって得意なタイプも違うので、まずはその人の得意とする力を見極めるのが肝心。プロジェクトを全体的に俯瞰する力を持った人なら、スタート地点から入ってもらう。スタイリングが得意なら、コンセプトがしっかり固まった段階で入ってもらうなど、その人の得意に応じて、どの段階から入ってもらうか決めるのが良いと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

名児耶秀美

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.04.20

白紙の段階から一緒に取り組んだ方が良い

商品開発のスタート点など白紙の段階から一緒に取り組んだ方が良いと思います。

なぜなら、メーカーはモノづくりのプロ、デザイナーはデザインのプロだから。細部へのこだわりもデザイナーと一緒に作り上げた方が、その後の工程もスムーズに運びます。デザイナーがプロモーション段階から関わると表面的なデザインしかできなくなり、ブランドコントロールも難しくなります。

商品開発のスタート点など白紙の段階から一緒に取り組んだ方が良いと思います。

なぜなら、メーカーはモノづくりのプロ、デザイナーはデザインのプロだから。細部へのこだわりもデザイナーと一緒に作り上げた方が、その後の工程もスムーズに運びます。デザイナーがプロモーション段階から関わると表面的なデザインしかできなくなり、ブランドコントロールも難しくなります。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

堀内康広

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.06.28

コンセプトを固めるプロセスにも一緒に取り組みたい

デザインはコンセプト次第で変わりますので、私たちは最初の段階から相談してほしいと考えています。ある程度プロジェクトが進行し、デザインワークをする段階になってからお声がけいただくケースも多いのですが、「もっと前に相談してくれれば、より深いコンセプトにできたのに…」と感じることも多々あります。

デザイナーはオペレーターではないのです。少なくとも私たちは、“かたち”が出てくる前の段階を重視していますので、コンセプトを固めるプロセスにも一緒に取り組みたいと思っています。そのほうが格段にモチベーションも上がりますし、より良いモノを作ることができます。形を整えるだけの職人ではなく、モノづくりのパートナーとして接してもらえればありがたいと思います。

デザインはコンセプト次第で変わりますので、私たちは最初の段階から相談してほしいと考えています。ある程度プロジェクトが進行し、デザインワークをする段階になってからお声がけいただくケースも多いのですが、「もっと前に相談してくれれば、より深いコンセプトにできたのに…」と感じることも多々あります。

デザイナーはオペレーターではないのです。少なくとも私たちは、“かたち”が出てくる前の段階を重視していますので、コンセプトを固めるプロセスにも一緒に取り組みたいと思っています。そのほうが格段にモチベーションも上がりますし、より良いモノを作ることができます。形を整えるだけの職人ではなく、モノづくりのパートナーとして接してもらえればありがたいと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

SPREAD

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら