Q2

デザイナーにはどの段階から相談するのがベター?

4 answers

A1

回答日
 2017.03.17

コンセプトを作るスタート地点から一緒に取り組んだ方がいい

デザイナーも根っこから理解していた方がより良い作品を生み出すことができます。だから、できるだけコンセプトを作るスタート地点から一緒に取り組んだ方がいい、と私は思っています。ただ、人によって得意なタイプも違うので、まずはその人の得意とする力を見極めるのが肝心。プロジェクトを全体的に俯瞰する力を持った人なら、スタート地点から入ってもらう。スタイリングが得意なら、コンセプトがしっかり固まった段階で入ってもらうなど、その人の得意に応じて、どの段階から入ってもらうか決めるのが良いと思います。

デザイナーも根っこから理解していた方がより良い作品を生み出すことができます。だから、できるだけコンセプトを作るスタート地点から一緒に取り組んだ方がいい、と私は思っています。ただ、人によって得意なタイプも違うので、まずはその人の得意とする力を見極めるのが肝心。プロジェクトを全体的に俯瞰する力を持った人なら、スタート地点から入ってもらう。スタイリングが得意なら、コンセプトがしっかり固まった段階で入ってもらうなど、その人の得意に応じて、どの段階から入ってもらうか決めるのが良いと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

名児耶秀美

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.04.20

白紙の段階から一緒に取り組んだ方が良い

商品開発のスタート点など白紙の段階から一緒に取り組んだ方が良いと思います。

なぜなら、メーカーはモノづくりのプロ、デザイナーはデザインのプロだから。細部へのこだわりもデザイナーと一緒に作り上げた方が、その後の工程もスムーズに運びます。デザイナーがプロモーション段階から関わると表面的なデザインしかできなくなり、ブランドコントロールも難しくなります。

商品開発のスタート点など白紙の段階から一緒に取り組んだ方が良いと思います。

なぜなら、メーカーはモノづくりのプロ、デザイナーはデザインのプロだから。細部へのこだわりもデザイナーと一緒に作り上げた方が、その後の工程もスムーズに運びます。デザイナーがプロモーション段階から関わると表面的なデザインしかできなくなり、ブランドコントロールも難しくなります。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

堀内康広

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.06.28

コンセプトを固めるプロセスにも一緒に取り組みたい

デザインはコンセプト次第で変わりますので、私たちは最初の段階から相談してほしいと考えています。ある程度プロジェクトが進行し、デザインワークをする段階になってからお声がけいただくケースも多いのですが、「もっと前に相談してくれれば、より深いコンセプトにできたのに…」と感じることも多々あります。

デザイナーはオペレーターではないのです。少なくとも私たちは、“かたち”が出てくる前の段階を重視していますので、コンセプトを固めるプロセスにも一緒に取り組みたいと思っています。そのほうが格段にモチベーションも上がりますし、より良いモノを作ることができます。形を整えるだけの職人ではなく、モノづくりのパートナーとして接してもらえればありがたいと思います。

デザインはコンセプト次第で変わりますので、私たちは最初の段階から相談してほしいと考えています。ある程度プロジェクトが進行し、デザインワークをする段階になってからお声がけいただくケースも多いのですが、「もっと前に相談してくれれば、より深いコンセプトにできたのに…」と感じることも多々あります。

デザイナーはオペレーターではないのです。少なくとも私たちは、“かたち”が出てくる前の段階を重視していますので、コンセプトを固めるプロセスにも一緒に取り組みたいと思っています。そのほうが格段にモチベーションも上がりますし、より良いモノを作ることができます。形を整えるだけの職人ではなく、モノづくりのパートナーとして接してもらえればありがたいと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

SPREAD

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A4

回答日
 2017.08.17

初期段階から!予算や制約は先に提示するのがおすすめです

どのようなデザイナーに相談するかで変わります。スタイリングデザインを得意にしているデザイナーならば、ある程度コンセプトが固まってから相談したほうがいいでしょう。ですが、ブランディングまで考慮できるデザイナーなら、プロジェクトがスタートする時点で参加してもらったほうがよいです。

「デザイン」は使い手となる「消費者」、作り手の「製造」、売り手の「流通」のバランスをとるのが役割ですので、販売方法やターゲットまで考慮します。事業者さんの状況を踏まえて可能な範囲の提案をしたいと考えていますので、誰に売りたいものなのか、どこで売るものなのか、そのためにはどんな「制約」があるのかもしっかり提示したほうが、適切な提案が得られる可能性が高まります。

ただ、その「制約」はアイデア次第で解決できる場合もあり、そのことに事業者さんは気づいていないこともあるので、私の場合はその事業者さんの得手不得手を理解するために、生産、販売の現場を見学させていただくようにしています。

今までとまったく異なる工法が必要な提案をしてしまっては、大きな予算がかかってしまいます。なので、できるだけ新たな工程や工法を加えず魅力あるデザインを示すことが一番良いのですが、事業者さんがおっしゃる「制約」をきっちり守った案は、今までとあまり変化のないものになる可能性があり意外と満足されない場合もあるので、私はそれとは別に制約を少し飛び出たものも含めていろいろな案を用意するようにしています。また、デザイナーの提案は、事業者さんの明るい未来を切り拓くことにつながりますので、わかりやすいスケッチを描いてイメージを喚起させることも心がけています。

最後に、予算が決まっているのであれば最初から提示した方がよいです。初期からのコストではなく、ロイヤリティの方がよい場合もありますし、助成金での取り組みで枠組みが決まっている場合もあるでしょう。デザイナーの作業もスケッチ、図面(3Dなのか2Dなのか)撮影も含めたグラフィック作業が必要なのかどうか、インターネットへの対応はどうなるのか、量産を考えているのかなどで、そのコスト、スケジュールに合わせて提案することになるので、チームとしてそのプロジェクトをどの範囲でどのように共有するのかは最初からお話されたほうが良いと思います。

どのようなデザイナーに相談するかで変わります。スタイリングデザインを得意にしているデザイナーならば、ある程度コンセプトが固まってから相談したほうがいいでしょう。ですが、ブランディングまで考慮できるデザイナーなら、プロジェクトがスタートする時点で参加してもらったほうがよいです。

「デザイン」は使い手となる「消費者」、作り手の「製造」、売り手の「流通」のバランスをとるのが役割ですので、販売方法やターゲットまで考慮します。事業者さんの状況を踏まえて可能な範囲の提案をしたいと考えていますので、誰に売りたいものなのか、どこで売るものなのか、そのためにはどんな「制約」があるのかもしっかり提示したほうが、適切な提案が得られる可能性が高まります。

ただ、その「制約」はアイデア次第で解決できる場合もあり、そのことに事業者さんは気づいていないこともあるので、私の場合はその事業者さんの得手不得手を理解するために、生産、販売の現場を見学させていただくようにしています。

今までとまったく異なる工法が必要な提案をしてしまっては、大きな予算がかかってしまいます。なので、できるだけ新たな工程や工法を加えず魅力あるデザインを示すことが一番良いのですが、事業者さんがおっしゃる「制約」をきっちり守った案は、今までとあまり変化のないものになる可能性があり意外と満足されない場合もあるので、私はそれとは別に制約を少し飛び出たものも含めていろいろな案を用意するようにしています。また、デザイナーの提案は、事業者さんの明るい未来を切り拓くことにつながりますので、わかりやすいスケッチを描いてイメージを喚起させることも心がけています。

最後に、予算が決まっているのであれば最初から提示した方がよいです。初期からのコストではなく、ロイヤリティの方がよい場合もありますし、助成金での取り組みで枠組みが決まっている場合もあるでしょう。デザイナーの作業もスケッチ、図面(3Dなのか2Dなのか)撮影も含めたグラフィック作業が必要なのかどうか、インターネットへの対応はどうなるのか、量産を考えているのかなどで、そのコスト、スケジュールに合わせて提案することになるので、チームとしてそのプロジェクトをどの範囲でどのように共有するのかは最初からお話されたほうが良いと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

大沼 敦

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら