Q42

WEBサイトはマスト? その効果は?

3 answers

A1

回答日
 2017.03.17

Webであれば海外に行かなくても“海外進出”

Webであれば、海外に行かなくても“海外進出”できます。数年前にサイトをリニューアルしたら海外からの問い合わせが増えて、雑誌やメディアで取り上げられる機会が多くなりました。方法としてはすごく分かりやすいのですが、それぞれのページの文章を作る際、英語を先にして日本語を後にしました。僕がSNSで英語と日本語の両方で投稿していたとき、デンマークの友人から“日本語が先だと見る気がしない”って言われたことがあったんです。英語が先のほうが、言葉として入りやすいんだと思います。

Webであれば、海外に行かなくても“海外進出”できます。数年前にサイトをリニューアルしたら海外からの問い合わせが増えて、雑誌やメディアで取り上げられる機会が多くなりました。方法としてはすごく分かりやすいのですが、それぞれのページの文章を作る際、英語を先にして日本語を後にしました。僕がSNSで英語と日本語の両方で投稿していたとき、デンマークの友人から“日本語が先だと見る気がしない”って言われたことがあったんです。英語が先のほうが、言葉として入りやすいんだと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

山田遊

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

今の時代WEB=名刺みたいなもの

受け皿としてでも良いので、WEBサイトはつくるべきだと思います。今の時代WEB=名刺みたいなものですから。誰でもいつでも簡単にアクセスできることが前提にあり、軽く知りたい方から深く追求したい方まで対応できるのがインターネット。だから、その場所に自社のスペースを設けておくこと自体が重要なのです。

受け皿としてでも良いので、WEBサイトはつくるべきだと思います。今の時代WEB=名刺みたいなものですから。誰でもいつでも簡単にアクセスできることが前提にあり、軽く知りたい方から深く追求したい方まで対応できるのがインターネット。だから、その場所に自社のスペースを設けておくこと自体が重要なのです。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

引地かい

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.03.21

ユーザーにとって魅力的なポイントを絞り込むことも可能

WEBサイトは世界への窓口ですから、英文のサイトがあれば認知されるチャンスも増えることは間違いありません。

アクセス解析ができれば、ユーザーにとって魅力的なポイントを絞り込むことも可能になります。

WEBサイトは世界への窓口ですから、英文のサイトがあれば認知されるチャンスも増えることは間違いありません。

アクセス解析ができれば、ユーザーにとって魅力的なポイントを絞り込むことも可能になります。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

裏谷恵子

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら