Q75

ローカライジングは海外チャレンジ前にするもの?

2 answers

A1

回答日
 2017.03.21

海外進出からの「リ・ローカライジング」

ローカライジングとはその地の生活に根付くこと。よって、多くの場合、すでにローカライズされています。ただ、海外からの目線で、その価値を打ち出せていない(翻訳できていない)ことが多いのです。海外進出することで、改めて商品やサービスの意味を見つめ直し、価値を定着させる「リ・ローカライジング」が、今まさに求められている気がします。

ローカライジングとはその地の生活に根付くこと。よって、多くの場合、すでにローカライズされています。ただ、海外からの目線で、その価値を打ち出せていない(翻訳できていない)ことが多いのです。海外進出することで、改めて商品やサービスの意味を見つめ直し、価値を定着させる「リ・ローカライジング」が、今まさに求められている気がします。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

引地かい

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.06.28

常に海外を意識しながら、国によって変えることはしません

私たちは、常に海外を意識しています。でも、国によって変えることはしません。理想としているのはiPhone。どの国でもプロダクトを変えず、支持されるモノづくりを目指しています。「日本のモノ」ではなく「良いモノ」をつくりたいからです。

特定のターゲットを対象にするならば別ですが、今はどこの国の製品であるかに関わらず、素晴らしいものを揃えたいと考える人が多いのではないでしょうか。ルイ・ヴィトンやブルガリなどを手がけている海外デザイナーが「なぜ日本人は、ターゲットを『日本好き』に絞り込もうとするのか」と言っていましたが、国籍に関係なく魅力を感じてもらって、結果的に「これは日本の作品」と理解されるのが理想的ではないでしょうか。

もちろん、プロダクトによってはローカライズするべきものもあるでしょう。しかし、マーケティング優先で考えすぎると、プロダクトの魅力を損なうことにもなりかねません。そのあたりのさじ加減は慎重に行うべきだと思います。

私たちは、常に海外を意識しています。でも、国によって変えることはしません。理想としているのはiPhone。どの国でもプロダクトを変えず、支持されるモノづくりを目指しています。「日本のモノ」ではなく「良いモノ」をつくりたいからです。

特定のターゲットを対象にするならば別ですが、今はどこの国の製品であるかに関わらず、素晴らしいものを揃えたいと考える人が多いのではないでしょうか。ルイ・ヴィトンやブルガリなどを手がけている海外デザイナーが「なぜ日本人は、ターゲットを『日本好き』に絞り込もうとするのか」と言っていましたが、国籍に関係なく魅力を感じてもらって、結果的に「これは日本の作品」と理解されるのが理想的ではないでしょうか。

もちろん、プロダクトによってはローカライズするべきものもあるでしょう。しかし、マーケティング優先で考えすぎると、プロダクトの魅力を損なうことにもなりかねません。そのあたりのさじ加減は慎重に行うべきだと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

SPREAD

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら