Q89

現地への渡航費、滞在費の上手な節約法は?

3 answers

A1

回答日
 2017.03.21

自分の分身を現地に作る

やはり自分が現地に赴き、直接お客さまと話をしたり、反応を伺ったりするのが一番。とはいえ、交通費や滞在費、自分が拘束される時間のことなど考えると、なかなか難しいものです。それなら、自分の分身を現地に作る。自分の考え方をきちんと理解し、自分と同じような言葉でお客さまと接してくれる存在を作ることが、もっとも有効な手段と言えます。

そして、自分の代わりをできる存在というのが、エージェントやビジネスパートナーです。ビジョンを共有し、利益もシェアしながら共に成長していく……。そういった信頼関係を築いていくことが、海外展開では欠かせない重要な要素だと思います。

やはり自分が現地に赴き、直接お客さまと話をしたり、反応を伺ったりするのが一番。とはいえ、交通費や滞在費、自分が拘束される時間のことなど考えると、なかなか難しいものです。それなら、自分の分身を現地に作る。自分の考え方をきちんと理解し、自分と同じような言葉でお客さまと接してくれる存在を作ることが、もっとも有効な手段と言えます。

そして、自分の代わりをできる存在というのが、エージェントやビジネスパートナーです。ビジョンを共有し、利益もシェアしながら共に成長していく……。そういった信頼関係を築いていくことが、海外展開では欠かせない重要な要素だと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

堀田卓哉

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

キッチン付きのコンドミニアムを借りて自炊する

ニューヨークやパリは食費だけでもかなりかかるので、私の場合はキッチン付きの部屋(コンドミニアム)を借りて、できるだけ自炊するようにしました。外食の頻度が下がるのでコストを削減できただけでなく、栄養バランスも保つことができました。冷蔵庫すらないホテルも多い中、コンドミニアムには必ず冷蔵庫があります。なので、生野菜やヨーグルトなども気にせず購入できました。

ちなみに、現地の味に飽きた時のためにお米や味噌を持ち込んだのですが、それも重宝しました。

ニューヨークやパリは食費だけでもかなりかかるので、私の場合はキッチン付きの部屋(コンドミニアム)を借りて、できるだけ自炊するようにしました。外食の頻度が下がるのでコストを削減できただけでなく、栄養バランスも保つことができました。冷蔵庫すらないホテルも多い中、コンドミニアムには必ず冷蔵庫があります。なので、生野菜やヨーグルトなども気にせず購入できました。

ちなみに、現地の味に飽きた時のためにお米や味噌を持ち込んだのですが、それも重宝しました。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

水谷伸吉

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.03.21

行政や団体が海外の展示会に乗っかる

助成金でまかなえる費用もあると思いますが、その点は調べていただくとして、私の関わる産地では行政や団体が海外の展示会に積極的に出展しており、その際に企業の参加を募っています。はじめはそのような機会を利用して展示会に参加し、アテンドをする中で市場調査をし、出展企業さんとの情報交換などを行い、手応えを感じれば独自で足を運ぶといった流れにするとよいと思います。

交通費や滞在費については、私の場合マイルやブッキング系の旅行アプリなどを駆使して、費用を抑えるようにしています。現地を自分自身の目で見て、現地の人の声をできるだけ多く聞くことが大切だと思っていますので。小さな出費では決してないですが、自費で足を運ぶといろんなことに必死になれると思います(笑)。

助成金でまかなえる費用もあると思いますが、その点は調べていただくとして、私の関わる産地では行政や団体が海外の展示会に積極的に出展しており、その際に企業の参加を募っています。はじめはそのような機会を利用して展示会に参加し、アテンドをする中で市場調査をし、出展企業さんとの情報交換などを行い、手応えを感じれば独自で足を運ぶといった流れにするとよいと思います。

交通費や滞在費については、私の場合マイルやブッキング系の旅行アプリなどを駆使して、費用を抑えるようにしています。現地を自分自身の目で見て、現地の人の声をできるだけ多く聞くことが大切だと思っていますので。小さな出費では決してないですが、自費で足を運ぶといろんなことに必死になれると思います(笑)。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

堅田佳一

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら