Q90

コスパのいいプロモーション手法は何?

2 answers

A1

回答日
 2017.03.21

地道なアプローチが成功の第一歩

現地のレストランに飛び込みで営業をしたことで知名度を上げた日本酒メーカー、食品イベントや百貨店を訪れた著名なシェフに気に入られたことで次第にプロの料理人の間に広まった調味料といった成功譚はありますが、それらはケースバイケースで、常勝パターンではありません。

“誰に”“何を”“どのくらい売りたいか”など目的によって、効率的なプロモーション手段は異なります。 食品の場合、現地の衛生法や関税、各種規制が複雑に絡み合ってくることもあり、美味しい、面白いといった視点で紹介するプロモーションは、予算がかかる割に効果が期待できないのでお勧めできません。少数の現地ユーザーをフックにして作る地道なアプローチ方法が成功の第一歩。ゆえに現地の市場に詳しいスタッフの協力は必須と言えます。

現地のレストランに飛び込みで営業をしたことで知名度を上げた日本酒メーカー、食品イベントや百貨店を訪れた著名なシェフに気に入られたことで次第にプロの料理人の間に広まった調味料といった成功譚はありますが、それらはケースバイケースで、常勝パターンではありません。

“誰に”“何を”“どのくらい売りたいか”など目的によって、効率的なプロモーション手段は異なります。 食品の場合、現地の衛生法や関税、各種規制が複雑に絡み合ってくることもあり、美味しい、面白いといった視点で紹介するプロモーションは、予算がかかる割に効果が期待できないのでお勧めできません。少数の現地ユーザーをフックにして作る地道なアプローチ方法が成功の第一歩。ゆえに現地の市場に詳しいスタッフの協力は必須と言えます。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

裏谷恵子

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.29

日常的な丁寧なコミュニケーションが、もっともコスパのいいプロモーション

大切なのは、ターゲットとする対象のニーズや欲求を発見し、そこを起点に手法を考えるということ。SNSは無料でできるため、コスパがいいことは間違いないです。日本ならばFacebook、理由はテキストでの情報量が多くても許されるツールなので使い勝手がいい。ファッション関係ならばinstagramが今メジャーなツールになっています。

ただ、強調したいのは、普段から自分自身の活動に共感してもらえるように、共感力のあるコミュニケーションを心がけることが大切だということ。つまり日常的な丁寧なコミュニケーションが、もっともコスパのいいプロモーションにつながるということです。

大切なのは、ターゲットとする対象のニーズや欲求を発見し、そこを起点に手法を考えるということ。SNSは無料でできるため、コスパがいいことは間違いないです。日本ならばFacebook、理由はテキストでの情報量が多くても許されるツールなので使い勝手がいい。ファッション関係ならばinstagramが今メジャーなツールになっています。

ただ、強調したいのは、普段から自分自身の活動に共感してもらえるように、共感力のあるコミュニケーションを心がけることが大切だということ。つまり日常的な丁寧なコミュニケーションが、もっともコスパのいいプロモーションにつながるということです。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

青木昭夫

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら