Q95

海外展開に保守的な関係者をどう説得する?

2 answers

A1

回答日
 2017.03.21

まず製品の現状を全員で分析、次に海外展開の具体的な方法を知る

大きく2つの段階に分けることを提案します。

第1段階は、自分たちの商品を知る機会をつくること。海外展開の必要性の有無に限らず、自分たちが関わる商品の現状を全員で分析し、共有することが大切だと思います。直近の売上げや販路先だけでなく、今後の見通しなども含めて、現時点での商品について徹底的に議論するべきです。それをせずに、いたずらに海外展開をすることは賛同できません。日本で成功していようが失敗していようが、自分たちの商品理解が十分でない段階で海外展開に打って出ることは、失敗するリスクが非常に高いと言えます。

第2段階は、海外展開の具体的な方法を知る機会をつくること。取扱う商品や取引する国にもよりますが、流通形態、商品管理、取引方法など、“海外展開”に関わる事業内容を理解してもらうことで、安心できるのではないでしょうか。直販が難しく、商社やディストリビューターの力を借りる場合もありますが、自分たちで知っておいて損をすることははありません。

海外=ビジネスチャンスというのは否定しないですが、まずは一歩ずつ着実に進めることが重要であり、保守的な関係者も説得できるのではないかと思います。

大きく2つの段階に分けることを提案します。

第1段階は、自分たちの商品を知る機会をつくること。海外展開の必要性の有無に限らず、自分たちが関わる商品の現状を全員で分析し、共有することが大切だと思います。直近の売上げや販路先だけでなく、今後の見通しなども含めて、現時点での商品について徹底的に議論するべきです。それをせずに、いたずらに海外展開をすることは賛同できません。日本で成功していようが失敗していようが、自分たちの商品理解が十分でない段階で海外展開に打って出ることは、失敗するリスクが非常に高いと言えます。

第2段階は、海外展開の具体的な方法を知る機会をつくること。取扱う商品や取引する国にもよりますが、流通形態、商品管理、取引方法など、“海外展開”に関わる事業内容を理解してもらうことで、安心できるのではないでしょうか。直販が難しく、商社やディストリビューターの力を借りる場合もありますが、自分たちで知っておいて損をすることははありません。

海外=ビジネスチャンスというのは否定しないですが、まずは一歩ずつ着実に進めることが重要であり、保守的な関係者も説得できるのではないかと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

廣部 慧

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.04.17

少数精鋭でスタートする。

海外展開に限らず、新たな事業を始める時は社内には様々な意見があるものです。ですから、原則的には少数精鋭でスタートするのが良いと思います。ただし、経営者の単独行動ではなく、何人かでチーム化するのが理想です。その後、海外に共に視察に行くなどしながら、同じ志を持つ社外のサポーターを増やすことで、社内の舵取りはしやすくなるはずです。

弊社が取り引きしているメーカーさんの多くは組織が一体化しています。それほど事業戦略を社内共有できているということでしょう。逆に言えば、意識が共有できていない段階では、まずは国内での売上げに注力したほうが良いのではないでしょうか。

海外展開に限らず、新たな事業を始める時は社内には様々な意見があるものです。ですから、原則的には少数精鋭でスタートするのが良いと思います。ただし、経営者の単独行動ではなく、何人かでチーム化するのが理想です。その後、海外に共に視察に行くなどしながら、同じ志を持つ社外のサポーターを増やすことで、社内の舵取りはしやすくなるはずです。

弊社が取り引きしているメーカーさんの多くは組織が一体化しています。それほど事業戦略を社内共有できているということでしょう。逆に言えば、意識が共有できていない段階では、まずは国内での売上げに注力したほうが良いのではないでしょうか。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

柴田裕介

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら