Q8

海外展開向きな商材と、海外で売れにくい商材ってある?

3 answers

A1

回答日
 2017.03.17

実用品は生活文化にハマっているかどうかが重要

生活様式の違いがあるので、そこにハマるものは展開できるし、ハマらないものは展開しにくい。日本に置き換えると分かりやすいかと思いますが、欧米ではキャンドルホルダーが良く売れています。ですが、日本ではあまりニーズのある商品とは言えません。海外の生活雑貨ブランドではよく作られている商品なんですが、日本の食卓でキャンドルを灯す生活習慣がないので需要が伸びないんですね。特に実用品は生活文化にハマっているかどうかが重要なので、日本では良く使われていても海外では売れにくいものが多い。例えば、漆器だとお椀は売れにくいけど、酒器はチャンスがあると言われます。

生活様式の違いがあるので、そこにハマるものは展開できるし、ハマらないものは展開しにくい。日本に置き換えると分かりやすいかと思いますが、欧米ではキャンドルホルダーが良く売れています。ですが、日本ではあまりニーズのある商品とは言えません。海外の生活雑貨ブランドではよく作られている商品なんですが、日本の食卓でキャンドルを灯す生活習慣がないので需要が伸びないんですね。特に実用品は生活文化にハマっているかどうかが重要なので、日本では良く使われていても海外では売れにくいものが多い。例えば、漆器だとお椀は売れにくいけど、酒器はチャンスがあると言われます。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

山田遊

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

個人的には5つくらいの指標で見ています

進出する目的が「海外で売上げを作る」ことを前提としてお話します。 できるかできないかではなく、難易度の問題なのですが、個人的には5つくらいの指標で見ています。

1.日本に文化的背景があるものか?日本製(また特定の産地)である理由があるか?

2.商品、企業がどのような歴史をたどっているか?

3.現地に受け入れ可能な文化が根付いているか?また根付く可能性があるか?

4.サイズが小さなものか?

5.価格が高いものか?

2を除いた4つすべてYESであると、海外展開がしやすい、逆なら展開しづらいと考えます。例えば、私の経験でお話すると、包丁は日本刀に始まる日本の刃物文化という文化的背景を持ち、世界無形文化遺産となった和食文化の浸透なども影響し、現地でブームから文化へと進化して根付いている。また高額で小さい(輸送効率がいい)ということで、まさに海外展開向きの商材と言えます。

展開する国にもよりますが、例えばヨーロッパなら、わざわざ極東の島国から輸入する価値のあるものか?といった逆の立場で考えると、難易度も見えてくるのではないでしょうか。

進出する目的が「海外で売上げを作る」ことを前提としてお話します。 できるかできないかではなく、難易度の問題なのですが、個人的には5つくらいの指標で見ています。

1.日本に文化的背景があるものか?日本製(また特定の産地)である理由があるか?

2.商品、企業がどのような歴史をたどっているか?

3.現地に受け入れ可能な文化が根付いているか?また根付く可能性があるか?

4.サイズが小さなものか?

5.価格が高いものか?

2を除いた4つすべてYESであると、海外展開がしやすい、逆なら展開しづらいと考えます。例えば、私の経験でお話すると、包丁は日本刀に始まる日本の刃物文化という文化的背景を持ち、世界無形文化遺産となった和食文化の浸透なども影響し、現地でブームから文化へと進化して根付いている。また高額で小さい(輸送効率がいい)ということで、まさに海外展開向きの商材と言えます。

展開する国にもよりますが、例えばヨーロッパなら、わざわざ極東の島国から輸入する価値のあるものか?といった逆の立場で考えると、難易度も見えてくるのではないでしょうか。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

堅田佳一

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.03.21

海外展開向きな商材は、日本らしい機能的な価値観や情緒的な価値観が伝わるもの

「海外展開向きな商材」「海外で売れにくい商材」というのではなく、「ターゲットユーザーのライフスタイルに合っているのか、合っていないのか」という視点であれば、参考になる例はあります。

「海外展開向きな商材」というのは、私のスタンスから言えば、日本らしい機能的な価値観や情緒的な価値観が伝わるもの。現地で代替できるものはなく、「え!」と驚きを与えるものといった商材になり、ストーリー性のある商材です。商材の持つストーリーが購買動機として消費者の背中を押してくれます。

「海外展開向きな商材」「海外で売れにくい商材」というのではなく、「ターゲットユーザーのライフスタイルに合っているのか、合っていないのか」という視点であれば、参考になる例はあります。

「海外展開向きな商材」というのは、私のスタンスから言えば、日本らしい機能的な価値観や情緒的な価値観が伝わるもの。現地で代替できるものはなく、「え!」と驚きを与えるものといった商材になり、ストーリー性のある商材です。商材の持つストーリーが購買動機として消費者の背中を押してくれます。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

澤田且成

DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら