Q11

メイドインジャパンは今でも海外で通用する?

3 answers

A1

回答日
 2017.03.17

評価されているのは“メイド・イン”でなく“メイド・バイ・ジャパン”

総体としては評価されていますね。その本質は、僕は細やかさだと考えています。日本のマーケットは非常に特殊で、顧客からの要求もバイヤーからの要求も非常に高い。そういう厳しい環境のなかで要求に応え続けてきた。品質管理の徹底とか、ものとして気のきいたつくりであるとか、高い技術とか器用さが日本的な良さだと思っています。とはいえ、日本で製造するからいいのか、というものでもありません。日本で製造されたものでも、現場では外国人の方が作業している場合も多い。日本のものづくりの細やかさがしっかり発揮されれば、ベトナムやカンボジアで製造しても問題ないと思っています。“メイド・イン”でなく“メイド・バイ・ジャパン”が評価されているわけですから。もちろん、日本のものをただ持っていくだけではダメ。“ここまで考えて手を入れてものづくりしてるんだ!”が伝わらないと、そもそも持って行っている意味がありません。

総体としては評価されていますね。その本質は、僕は細やかさだと考えています。日本のマーケットは非常に特殊で、顧客からの要求もバイヤーからの要求も非常に高い。そういう厳しい環境のなかで要求に応え続けてきた。品質管理の徹底とか、ものとして気のきいたつくりであるとか、高い技術とか器用さが日本的な良さだと思っています。とはいえ、日本で製造するからいいのか、というものでもありません。日本で製造されたものでも、現場では外国人の方が作業している場合も多い。日本のものづくりの細やかさがしっかり発揮されれば、ベトナムやカンボジアで製造しても問題ないと思っています。“メイド・イン”でなく“メイド・バイ・ジャパン”が評価されているわけですから。もちろん、日本のものをただ持っていくだけではダメ。“ここまで考えて手を入れてものづくりしてるんだ!”が伝わらないと、そもそも持って行っている意味がありません。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

山田遊

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.04.17

現地の人の多くは、日本の品質を高く評価しています

私は普段はシンガポールで暮らしていますが、現地の人の多くは、日本の品質を高く評価しています。家電などのジャパンブランドは一昔前に比べて国際的な競争に苦労しているのは否めませんが、世界的に普及しているスマートフォンの部品が主に日本製であるように、世界の様々な暮らしの中で、日本製品への信頼度は高いと感じています。
海外で暮らしていると実感するのですが、「メイドインジャパン」は、日本の奥深い文化や自然環境と密接に関わっています。自然の変化があり、長い歴史や文化があるということは、とても貴重な環境です。そこから身についた美意識や物の捉え方が、ある種の「メイドインジャパン」であり、海外展開をする際には、とても重要な視点だと思います。

私は普段はシンガポールで暮らしていますが、現地の人の多くは、日本の品質を高く評価しています。家電などのジャパンブランドは一昔前に比べて国際的な競争に苦労しているのは否めませんが、世界的に普及しているスマートフォンの部品が主に日本製であるように、世界の様々な暮らしの中で、日本製品への信頼度は高いと感じています。
海外で暮らしていると実感するのですが、「メイドインジャパン」は、日本の奥深い文化や自然環境と密接に関わっています。自然の変化があり、長い歴史や文化があるということは、とても貴重な環境です。そこから身についた美意識や物の捉え方が、ある種の「メイドインジャパン」であり、海外展開をする際には、とても重要な視点だと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

柴田裕介

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.08.17

通用するが、ニーズやタイミングを逃すと売れるものも売れない

間違いなく通用します。メイドインジャパンは品質の高いブランドとして評価されています。ただし、プロダクト・アウト(市場のニーズを意識せずに企業の意向や技術のみを重視する考え方)に陥らないように気をつけなくてはなりません。
実は、その国は品質に全くこだわっていなかったのです。競合企業のプロダクトが非常に安価だったこともあり、そちらのほうがよく売れました。要は、こだわるポイントがズレていたということで、ニーズやタイミングに合わせて販売することの重要性を痛感しました。品質にこだわりすぎるとプロダクトの価格も上がってしまいますので、コンセプトに合わせて適切な線で妥協するバランス感覚も重要です。
国や地域によってニーズが変わるという事例としては、メイドインジャパンのセラミックの包丁をペパーミントグリーン色にしたところバカ売れしたというエピソードが印象的です。日本では考えられないカラーリングですが、生魚を調理せず、カラフルな包丁でピザをカットしたいというニーズに合致したんです。あまりにもローカルで生活に根づいた部分なので見逃しがちですが、そうしたちょっとしたことがチャンスロス発生の原因になることが多いので要注意です。

間違いなく通用します。メイドインジャパンは品質の高いブランドとして評価されています。ただし、プロダクト・アウト(市場のニーズを意識せずに企業の意向や技術のみを重視する考え方)に陥らないように気をつけなくてはなりません。
実は、その国は品質に全くこだわっていなかったのです。競合企業のプロダクトが非常に安価だったこともあり、そちらのほうがよく売れました。要は、こだわるポイントがズレていたということで、ニーズやタイミングに合わせて販売することの重要性を痛感しました。品質にこだわりすぎるとプロダクトの価格も上がってしまいますので、コンセプトに合わせて適切な線で妥協するバランス感覚も重要です。
国や地域によってニーズが変わるという事例としては、メイドインジャパンのセラミックの包丁をペパーミントグリーン色にしたところバカ売れしたというエピソードが印象的です。日本では考えられないカラーリングですが、生魚を調理せず、カラフルな包丁でピザをカットしたいというニーズに合致したんです。あまりにもローカルで生活に根づいた部分なので見逃しがちですが、そうしたちょっとしたことがチャンスロス発生の原因になることが多いので要注意です。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

大沼 敦

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら