Q13

現地の市場調査で効果的だった施策は?

3 answers

A1

ライフスタイルやカルチャーを観察

日本料理店だけでなく、酒店、飲食店、スーパー、百貨店、カフェ、パブなど、期間中に一つでも多くの商材に関わる店舗を訪問し、ライフスタイルやカルチャーを観察しました。結果、以前は推測にすぎなかったマーケティングも「これだ!」と確信を持って前に進めることができ、不安が大幅に払拭されました。

日本料理店だけでなく、酒店、飲食店、スーパー、百貨店、カフェ、パブなど、期間中に一つでも多くの商材に関わる店舗を訪問し、ライフスタイルやカルチャーを観察しました。結果、以前は推測にすぎなかったマーケティングも「これだ!」と確信を持って前に進めることができ、不安が大幅に払拭されました。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

迫亮太

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

1日に15~20件くらいのショップ巡り+商談

現地在住の日本人コーディネーターに依頼して、一緒にショップ巡りをしながら、場合によっては商談を進めるという日を設けました。1日に15~20件くらいまわるので体力的にはハードですが、マーケット事情を理解するのには効果的でした。自社および自社製品の立ち位置を把握する上でも有効だと思います。

現地在住の日本人コーディネーターに依頼して、一緒にショップ巡りをしながら、場合によっては商談を進めるという日を設けました。1日に15~20件くらいまわるので体力的にはハードですが、マーケット事情を理解するのには効果的でした。自社および自社製品の立ち位置を把握する上でも有効だと思います。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

水谷伸吉

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.03.21

事前に仮説をどれだけ設定できるかがカギ

当たり前ですが、やみくもに現地の小売店舗や商業施設を回ることは市場調査ではないと考えています。事前に仮説をどれだけ設定できるかがカギだと思います。現地にて検証すべき仮説を持っていなければ、単なる観光旅行に行くことと同じです。

たとえば、自社競合商材の市場価格がどの程度なのかを知りたくて、現地の小売店を回るケースも多いと思いますが、店頭価格を見て一喜一憂するだけではいけません。「日本市場とは違う○○の用途・見せ方が想定されるが、実際はどうなのか?」といった仮説を検証していくプロセスが市場調査だと考えます。

当たり前ですが、やみくもに現地の小売店舗や商業施設を回ることは市場調査ではないと考えています。事前に仮説をどれだけ設定できるかがカギだと思います。現地にて検証すべき仮説を持っていなければ、単なる観光旅行に行くことと同じです。

たとえば、自社競合商材の市場価格がどの程度なのかを知りたくて、現地の小売店を回るケースも多いと思いますが、店頭価格を見て一喜一憂するだけではいけません。「日本市場とは違う○○の用途・見せ方が想定されるが、実際はどうなのか?」といった仮説を検証していくプロセスが市場調査だと考えます。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

堀田卓哉

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら