Q3

デザイナーに仕事を依頼する際の注意点は?

2 answers

A1

回答日
 2017.03.17

肩書きを特別視しないで、気の合った人と本音で話をする

デザイナーを特別視してしまうからいけない。デザイナーという肩書きを特別視しないで、気の合った人と本音で話をして、仕事をできるかが重要なのではないかと思います。そして、デザイナーもこちらのガチンコを受けるような懐があるような人とやることが大切。もちろん、互いのこだわりが原因でぶつかることもあります。でも、そういう時は必ず“使う人”のことを考えるんです。そもそも、使う人が豊かになってもらうために商品開発を行っているんだから。「何がユーザーのためになるのか?」という原点に立ち戻って、話し合いをすれば失敗することもありません。やはり、ユーザーが喜ぶことを一番に考えないと。

デザイナーを特別視してしまうからいけない。デザイナーという肩書きを特別視しないで、気の合った人と本音で話をして、仕事をできるかが重要なのではないかと思います。そして、デザイナーもこちらのガチンコを受けるような懐があるような人とやることが大切。もちろん、互いのこだわりが原因でぶつかることもあります。でも、そういう時は必ず“使う人”のことを考えるんです。そもそも、使う人が豊かになってもらうために商品開発を行っているんだから。「何がユーザーのためになるのか?」という原点に立ち戻って、話し合いをすれば失敗することもありません。やはり、ユーザーが喜ぶことを一番に考えないと。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

名児耶秀美

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

「ビジネス」と「クリエイティブ」のバランスをとることをおすすめ

金額にも「相見積もり」というものがあるように、デザイナーにもそれぞれ「個性」というものがあります。一方で個性の押し付けもとてもよく見られるので、「ビジネス」と「クリエイティブ」のバランスをとることをおすすめします。

金額にも「相見積もり」というものがあるように、デザイナーにもそれぞれ「個性」というものがあります。一方で個性の押し付けもとてもよく見られるので、「ビジネス」と「クリエイティブ」のバランスをとることをおすすめします。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

松田龍太郎

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら