Q3

デザイナーに仕事を依頼する際の注意点は?

4 answers

A1

回答日
 2017.03.17

肩書きを特別視しないで、気の合った人と本音で話をする

デザイナーを特別視してしまうからいけない。デザイナーという肩書きを特別視しないで、気の合った人と本音で話をして、仕事をできるかが重要なのではないかと思います。そして、デザイナーもこちらのガチンコを受けるような懐があるような人とやることが大切。もちろん、互いのこだわりが原因でぶつかることもあります。でも、そういう時は必ず“使う人”のことを考えるんです。そもそも、使う人が豊かになってもらうために商品開発を行っているんだから。「何がユーザーのためになるのか?」という原点に立ち戻って、話し合いをすれば失敗することもありません。やはり、ユーザーが喜ぶことを一番に考えないと。

デザイナーを特別視してしまうからいけない。デザイナーという肩書きを特別視しないで、気の合った人と本音で話をして、仕事をできるかが重要なのではないかと思います。そして、デザイナーもこちらのガチンコを受けるような懐があるような人とやることが大切。もちろん、互いのこだわりが原因でぶつかることもあります。でも、そういう時は必ず“使う人”のことを考えるんです。そもそも、使う人が豊かになってもらうために商品開発を行っているんだから。「何がユーザーのためになるのか?」という原点に立ち戻って、話し合いをすれば失敗することもありません。やはり、ユーザーが喜ぶことを一番に考えないと。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

名児耶秀美

DESIGNER

このAnswerが役に立ったら

A2

回答日
 2017.03.21

「ビジネス」と「クリエイティブ」のバランスをとることをおすすめ

金額にも「相見積もり」というものがあるように、デザイナーにもそれぞれ「個性」というものがあります。一方で個性の押し付けもとてもよく見られるので、「ビジネス」と「クリエイティブ」のバランスをとることをおすすめします。

金額にも「相見積もり」というものがあるように、デザイナーにもそれぞれ「個性」というものがあります。一方で個性の押し付けもとてもよく見られるので、「ビジネス」と「クリエイティブ」のバランスをとることをおすすめします。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

松田龍太郎

PRODUCER

このAnswerが役に立ったら

A3

回答日
 2017.06.28

心を通わせることを優先して依頼してください

とにかく、本音で接してください。依頼する内容がしっかり固まっていなくてもかまいません。中には、警戒心が強いあまり、防御膜を張って思っていることを明らかにしてくれない方もいらっしゃいますが、本音を出してくれないと最適なご提案はできません。

また、相談をされる前に、できるだけそのデザイナーのことを調べたほうがいいでしょう。ウェブで検索すれば、そのデザイナーが取材された記事や作品の詳細など、ある程度知ることができます。デザイナーにはそれぞれ特徴や適性がありますので、事前にできるだけ調べることでミスマッチを防ぐことができますし、結果的に心を開いた話ができるようになります。これは、旅行で泊まるホテルを調べるのと同じことです。「このホテルに泊まりたい」と思うのと同様に、「この人と仕事がしたい」と思ってほしいのです。その思いは、デザイナーにも必ず伝わります。

私たちの経験では、こんなことがありました。コンペ(※)のご相談を受けたのですが、コンペだとご提案するまでの間にクライアントと密なコミュニケーションを図ることができません。「私たちはクライアントとしっかり話し合って、コンセプトを固めるところから始めるスタイルなので」とお断りしたところ、コンペをやめて依頼したいとの連絡をいただきました。その後、現在に至るまで長期間にわたってお取引を続けていますが、コミュニケーションを重視する姿勢が評価されたのだと考えています。

デザイナーだけでなく、他の専門職であっても、人と人が仕事をするという点は変わりません。変に上にポジショニングせず、まずは心を通わせることを優先して依頼してみてください。

※複数の業者から案を募り、最もニーズに合致した案のみ選ぶ仕事の発注方式のこと。

とにかく、本音で接してください。依頼する内容がしっかり固まっていなくてもかまいません。中には、警戒心が強いあまり、防御膜を張って思っていることを明らかにしてくれない方もいらっしゃいますが、本音を出してくれないと最適なご提案はできません。

また、相談をされる前に、できるだけそのデザイナーのことを調べたほうがいいでしょう。ウェブで検索すれば、そのデザイナーが取材された記事や作品の詳細など、ある程度知ることができます。デザイナーにはそれぞれ特徴や適性がありますので、事前にできるだけ調べることでミスマッチを防ぐことができますし、結果的に心を開いた話ができるようになります。これは、旅行で泊まるホテルを調べるのと同じことです。「このホテルに泊まりたい」と思うのと同様に、「この人と仕事がしたい」と思ってほしいのです。その思いは、デザイナーにも必ず伝わります。

私たちの経験では、こんなことがありました。コンペ(※)のご相談を受けたのですが、コンペだとご提案するまでの間にクライアントと密なコミュニケーションを図ることができません。「私たちはクライアントとしっかり話し合って、コンセプトを固めるところから始めるスタイルなので」とお断りしたところ、コンペをやめて依頼したいとの連絡をいただきました。その後、現在に至るまで長期間にわたってお取引を続けていますが、コミュニケーションを重視する姿勢が評価されたのだと考えています。

デザイナーだけでなく、他の専門職であっても、人と人が仕事をするという点は変わりません。変に上にポジショニングせず、まずは心を通わせることを優先して依頼してみてください。

※複数の業者から案を募り、最もニーズに合致した案のみ選ぶ仕事の発注方式のこと。

回答を全部見る

このAnswerが役に立ったら

SPREAD

CREATIVE DIRECTOR

このAnswerが役に立ったら

A4

このAnswerが役に立ったら